« 外は大雨! | トップページ | イタダキマシタ! »

2007/06/26

番長の仕組みその1!

雨も降り続く中、明日は朝から歯医者なのだが、先日少し話した番長の実機の取り扱い方というかなんと言うか、そんなのを少ししたいと思います。

毎回更新直後に見てくださっていると思われるWin2Kの方。いつも見ていただいてありがとうございます。どんな時間に更新しても大概見てくださってるんですよね~。不思議(爆)

では本題に。まずドアを開けま~す。

070626_0309 この番長はメダル不要機が付いているため、少し配線が増えてますが、ドア側に液晶のあるこの筐体は少し配線がごちゃごちゃした感じを受けます。

ホッパーは手で引き抜くとはずれるのは非常に便利ですが。写真ではわかりにくいですが、ホッパーの後ろの長方形の物体が電源BOXです。

ここに電源BOXがついてるので、この筐体はリールから下が非常にまとまりよく、スペースも結構あります。

では最初にリールをはずしてみたいと思います。

家スロしてる方からみたら、当たり前のことばかりですが、あくまで今回は初めて買った実機が番長や秘宝伝だったっていう家スロ初心者の方のための回ですのでつっこみはなしでお願いします(爆)

070626_0310 まずは画像の下の方。

赤丸のついた所のネジを2本はずします。

それぞれ一番端についているネジです。他のネジはリールのドラム固定用なのではずす必要はありません。

二ヶ所だけです。はずしたネジはなくさないように実機の灰皿等に入れておきましょう。

070626_031000 次にリールの上の基盤の中央についている赤丸の所のカプラーを二ヶ所はずして、ハーネスを抜きます。

手前の黒い方は両端についてるつまみのようなものをそれぞれ外側に倒すと外れます。

奥の白い方はカプラーの真ん中にある爪を押しながらはずします。

全てはずれたら、ハーネスをひっかけないように注意しながらリールを手前に引き出します。

070626_0315 はずしたリールを更にバラす場合は赤丸のところのネジとカプラーを全てはずします。

リールは右から順にはずします。左からは抜けません。

少し固めにはまっている場合もありますが、赤丸の所を全てはずしてあるなら、少し力を入れて引き抜きましょう。

この時リールの内側に傷をつけないようにしましょう。

070626_0316 こんな感じで一つずつはずしていきます。

この後リール自体をはずす場合はモーターについてる中央のネジをはずせば外れます。

リールの裏側についている小さなL字型の部品は、リールのコマ調整などに影響されるので、特にリールのストップ位置にズレがない場合は、触らない方がいいと思います。

モーターから外さなくても、この状態でもリールの裏側等清掃できます。吉宗を番長改や秘宝伝改にする場合はモーターから外してじっくりリールテープを貼った方が良いと思います。

070626_0313 続いてドア側。液晶やコインセレクター等諸々の部品がついていますがこちら側についてる部品はそんなに壊れやすいモノはないので安心です。

中段パネルを交換する場合は画像の赤丸のネジ6ヶ所を外して中段基盤についてるハーネスを全て外すと取れます。が、パネル交換だけならハーネスは外さなくても手前に引き出せば交換は可能です。黄色丸の所をはずすと作業しやすいですが、このカプラーは外しにくい上に脆く、フラッシュ管の基盤に繋がっているので、取り扱いは慎重に行ないましょう。フラッシュ管自体も細くて脆いので、カプラー以外は外さない方が良いと思います。

070626_031300 下段パネルは工具なしで簡単に外せます。画像の赤丸の辺りにプラスチックの大きな爪がでているので、それを外側に押し出します。反対側にも同じ爪があるので押し出します。二ヶ所とも押し出すと表側からパネルが取れるようになります。

台枠ランプ交換するのは、外す部品が多いので、また今度にします。

下段パネルを変えるだけでも、台の雰囲気が全然変わります。

070626_0311 リールを外すと一番奥にカバーに入った基盤があります。

メイン基盤です。画像の黄色丸がメインのVチップです。これは剥がされていますが、普通は黄色の封印テープが貼ってあります。

このプラスチックのカバーをはずそうと思うと青丸の部分のプラスチックの特殊なハトメみたいなのを外す必要があります。専用工具もあるようで、普通にこじると綺麗に折れます(爆)慎重にドライバーのようなモノでこじるか、諦めて割ってとるかですね。一つ二つ割れても実機に支障はありませんが・・。

赤丸のところのLEDは電源を入れて実機を動かしながら見るとわかりますが、それぞれ対応した場所が光ります。レバーONで光る所、左ストップボタンを押すと光る所、メダル投入で光る所色々です。

実機のボタンが効かなくなったとか、そういう症状が出た場合はこのLEDと睨めっこして、壊れたと思われる部分に対応したLEDが光るか確認してみましょう。大抵は光らないハズ。ちゃんと光ってるのに動かない場合はかなり重症かも。

070626_0312 メイン基盤に向かって左側についてる基盤、サブ基盤です。これが一番の曲者。

大抵この筐体はここが壊れて使い物にならなくなります。

一番色々な事を管理しているような気がしますが、カバーもビニールで覆われているだけで強度なし。ロムを交換しただけでも関係ない所を知らない内に傷つけたりします。

吉宗で良くあった音声不良等は全てこのサブ基盤に不具合が出て起こる症状です。

改造番長や、秘宝伝をお持ちの方で、音声がおかしい場合はここを交換するだけで治ると思います。

この基盤にボタン電池がついているのですが、それも基盤からはがれやすく、不良の原因になります。基盤が直接ネジ止めされているので、カプラーを抜き差しするだけでも基盤に負荷がかかるので、なるべく触らないようにしたほうが良さげです。リールを外す時等に当てないように注意が必要です。

ちなみにこの筐体は後ろにでかいウーファーが付いていて、あの吉宗の大家紋の時の筐体から出る風?はこいつが生み出していると思われます。

ただ家でする場合は音量が半端でない為、そのままでは使えません。ボリュームを付けて販売してる所もあるようですが、抵抗の少ないボリュームの場合は煙が出たりするようです。

そこで解決策としては、すこし迫力がなくなりますが、ウーファーの配線をはずして機能させなくする。と言うのが一般的なようです。

リールとホッパーを外した状態だと見通しが良いので、後ろのウーファーのカバーからでているハーネスを辿っていくと、サブ基盤に繋がっているので、そのカプラーを抜けば完了です。中には配線を途中で切ってしまう販社さんもあるようなので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

昼間ならウーファーに繋いで迫力ある音が楽しめますので、配線を切るよりカプラーをはずすだけをお勧めします。

とりあえず今日はこんな感じで。もっと細かくバラしていきたいのですが、バラし始めると元に戻すのに時間がかかるので、週末までは時間があまりない上にやはり帰って番長を楽しみたいのでまた今度と言う事で。

まあ大した事は何一つ書いてないですが、知らない方の何かの足しになればなぁ、と。

では歯医者があるので、そろそろ寝ます。今新聞配達の人が来たようです(爆)

|

« 外は大雨! | トップページ | イタダキマシタ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外は大雨! | トップページ | イタダキマシタ! »