« Feeling withers | トップページ | サミー系筐体のシュートエラーの傾向と対策 »

2012/08/31

レトロゲーエレジー

こんばんは、izumiです(◎´∀`)ノ

いよいよ今日で8月も終わり、夏休みの子供たちも学校が始まったようで、ようやく平常運転と言った感じでしょうか。

暑さは相変わらずの気もしますが、妙に涼しくて秋を感じさせる日もあったりと、少しずつですが確実に夏が終わろうとしている感じです。

今日は家スロネタの予定だったのですが、結局断念(爆)まあ秋になって涼しくなったら色々活動的になると思うので、もうしばらくお待ちをw

ホント暑いの駄目なもんで(爆)おまけに一度汗をかきだすと、止まらないんですよwエアコンがガンガンかかっていても、何かの拍子に汗をかいたら当分収まらないと言うか(爆)

Pso20120830_203051_000 と、言うわけで今日は普段やらないPSO2の話。

と、言ってもゲームそのものの話と言うよりは、ゲーム内で「初音ミク」のイベントがあったので見てみました。

このゲーム、チャットがメイン?な為か、あちこちに無駄に人が集まれる場所があるのですが(爆)

ショップエリアの奥に、デカデカとステージがあるんですよね。で、後ろには巨大なモニターがあって、普段はゲームのOPが流れてます。
Pso20120830_203159_003
DIVA発売イベントだとかで、ミクがゲーム内に現れるってのは、少し前に聞いてたんですが、てっきりステージ上でキャラが歌ってくれるのかと思ったのですが、モニターだけのライブでしたw

ちなみに全く詳しくないので、歌っていた曲が何なのかは全くわかりません(爆)

手前真ん中の辺りで座って見ているのが自分のキャラですw前の方ではノリノリで(爆)踊っている人もたくさんいましたw
Pso20120830_203714_008 これ、ちゃんと移動して斜めから見ると、モニターに移る映像も斜めから見た感じにちゃんとなるんですよね。

丁度ファミコンと共に育ってきた自分達の世代で、およそ普段ゲームをしない人からしたら、最近のゲームはホント凄すぎてびっくりすると思います。

CDやDVDが媒体のゲームで育った年代の人から見れば、映像は綺麗なのは当たり前で、自由度の高さの基準も桁違いなんだと思います。

ちなみにこの画像は、描画設定を「最低」にしています。それでも自分からしたら、ありえないくらいに美麗なんですがね(核爆)
Pso20120830_203907_010
結構色んな場所にモニターは設置してあるので、貸切状態で見ることも出来ます。

モニターに近づくと、徐々に音が聞こえてきたりするのも、凄いなぁ、とか思うわけでw

この辺は彼女に説明しても、それが当たり前みたいに言われるので(爆)さすがにジェネレーションギャップを感じずにはいられませんw

Pso20120830_233115_014 INしている人の大半が参加する「緊急ミッション」を早めに切り上げて戻ってきたら誰もいなかったので、ステージ前が貸切状態で使えました。

しかしこんなのが基本無料で出来るなんて、凄い時代になったもんだなぁ、と思ってしまうのはおじさんな考えでしょうか(核爆)

SFCのソフトが新品で1万数千円とかしていたあの頃が酷く懐かしく感じます。
Pso20120830_233159_016
と、人が感慨深げに見てたら、横に何かいるしw

ラッピースーツと言う、鳥の着ぐるみなんですが、この場所でこの2ショットはシュールw

しばらく立ち見した後どこかへ去って行きました(爆)

ゲームとしては、充分に面白いですし、オンラインなので自由度が高く、子供の頃に夢見たようなゲームが、今や当たり前のように手軽に出来る時代ですが、発売日を心待ちにして、友達同士で一緒にしたり、情報交換したり、見出しだけの雑誌や最後まで攻略してない攻略本を見たりしながらやった、子供の頃のあのワクワクやドキドキは今のゲームには絶対に再現出来ないなぁ、とか思ったり。

ゲームが再現出来ないのではなく、時代がそれを再現出来ないんでしょうね。ネットで調べれば何でもすぐわかったり、便利なツールなんかがあったりする時代では、自分達だけで何とかするような、自分たちなりの遊び方を見つけるような、そんなのも含めて面白かったんだと思います。

MMOではなく、MOなPSO2ですら、殺伐とした雰囲気がありますからねwやはりゲームと言うのは、皆で集まってワイワイするのが一番ですね。

と、言う事で今日はこの辺で。

|

« Feeling withers | トップページ | サミー系筐体のシュートエラーの傾向と対策 »

コメント

モチ僧さんへ

連れから聞いた話なんですが、今のマリオは何度も失敗してると、難易度が下がるとかなんとか。

最初は絶対無理と思っても、苦労してクリアした時の喜びがゲームの醍醐味だと思いますw


つんらぐさんへ

そうそう、雑誌で面白そうと思っても、いざ買ってみたらクソゲー(伏字なしw)だった時のあのなんともいえない虚しさ(爆)

でも意外とやりこむとそれなりに面白さも見つけられたりして、マイナーゲームでもそれなりに遊べましたよねw

情報収集がてら、ネットの書き込みとか見たりしますが、今のゲームをする人って、ホント文句が多い気がします(爆)

グラフィックがしょぼいだの、コンテンツが少ないだの、ファミコン世代からすると、贅沢言い過ぎだとしか思えませんねw

投稿: izumi | 2012/09/03 17時25分

小中学生の頃はゲーム雑誌で欲しいゲームの発売日をチェックして、それまで頑張ってお小遣い貯めてたのを思い出しました。
友達が新しいゲームを買うと皆でその家に押しかけて遊んだり。
買ったゲームがク○ゲーでも、財政的な事情もあって(爆)なんだかんだで結構遊んでましたねー。

復活の呪文を書き間違ってた時のガッカリ感も今となってはいい思い出www

投稿: つんらぐ | 2012/09/01 17時53分

私は、最近のゲームは難易度が変わっている気がします。
途中で詰んで、再び最初からプレイなんて強いられたらクレーム出るかも?
死んで覚えるゲーム最高です(^^;;;
あとは積みゲーができるほど時間に追われる世の中かもしれませんね。

投稿: モチ僧 | 2012/09/01 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Feeling withers | トップページ | サミー系筐体のシュートエラーの傾向と対策 »