« An annual occurrence | トップページ | The reserved thing »

2012/10/31

ナノと戯れる

こんにちは、izumiです(◎´∀`)ノ

Dsc_0044 彼女からこんな物を貰いました。

ナノブロックと言う、物凄い小さなレ○ブロック(会社が違うw)のようなモノなのですが、挑戦してみろ、と。

こんなの簡単に出来るんじゃないのって思いながら開封すると、そのあまりのブロックの小ささにちょっとビックリ。

一番小さなブロックだと、一辺が4mmと言う小ささ。

米粒程の大きさしかありません(爆)
取説がついてますが、立体的に考えながら組み立てないといけないので、結構四苦八苦。
Dsc_0045
こんな感じで、ブロックの色や大きさである程度分類されています。

まずは説明書を理解するところから始めます(核爆)

最初全く意味がわからなくて、どこから手をつければいいのかわからなかったのですがw

見方がわかると後は説明書と実物の睨めっこだけですw

まずは土台の首の方から組み立てて行きます。
Dsc_0046 ちなみに大きさの参考までに。

最初は袋に入れた状態で一つずつ取り出してたのですが、段々面倒になって(爆)

テーブルの上に全部出して組み立ててていたのですが、軽く咳払いしただけで辺り一面に散乱(核爆)

幸いにも予備?のブロックもかなり入っているので、多少はなくなっても大丈夫か、とw

ではサクサクと進めます。
Dsc_0047
これだけでは何か全くわかりませんがw

エヴァ初号機の首の部分です。

これに可動式の下顎を取り付けて、残りの部分を上から被せる形になります。

キッチリはめこまないと見栄えが悪かったり、崩れる原因になるのですが、途中で1コマ分ズレていた時等はかなり悲惨ですw

なんせ小さいので爪を入れるのにも一苦労ですし、迂闊に力をかけ過ぎると他の所まで外れてバラバラになるわで結構大変w
Dsc_0048 下顎部分まで完成。

口の中のブロックは、何気に半透明のブロックで妙な拘りを感じますw

コレはブロックと言うより、立体パズルと言ったほうが良いですね(爆)

もちろん違う形に組み替えたりも出来ますが、一体何を作れと言うのかって感じです(爆)

各ブロックの接合具合は絶妙で、緩くて抜けるような事はありませんし、キツクて入らないと言うこともなく、精度の高さを物語っています。
Dsc_0050
と、言うわけで1時間半くらいで完成!!

思ったよりも初号機してますw

画像は口が開いた状態ですが、閉じることも出来ます。

これ目が光ったら最高だなw

1×3のブロックや、横幅は2個分なのに、突起が1つしかない特殊なブロックも含まれていますが、よくこんなの考えたなぁって感じですw

これ首から下とか出ないかな(爆)

では今日はこの辺で。

|

« An annual occurrence | トップページ | The reserved thing »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« An annual occurrence | トップページ | The reserved thing »