EUREKA SEVEN AO episode:21 「rising sun」

第二十一話「ワールド・トゥ・ワールド」

脚本:猪爪慎一/絵コンテ:寺東克己/演出:数井浩子/作画監督:藤田しげる、嘉手苅睦、可児里未/メカ作画監督:阿部慎吾

日本軍と協力体制を確立したゲネラシオン・ブル。だがエレナは1人、連合軍グアム基地に所属していた。エレナは、そこで知り合ったマギーから、スカブコー ラルと共生しているコーラルキャリアの人間もまたIFO適性を持つことを教えられる。そこでエレナは、自分が月にハートマークが描かれた世界からやってき た存在であることを打ち明ける。そのとき、エウレカがエレナの前に姿を現す……。

一方、コーラルキャリア第一号であるナルのもとには、同じコーラルキャリアの人々が集まりつつあった。「スカブコーラルをただ、自然のままにしておきたいだけ」と語るナル。クォーツの回収作業の最中、連合軍と接触するアオだったが、そのパイロットはエレナだった。

と、言うわけで毎度コレしかネタがなくなってきたエウレカAO21話

Ea81d53b明日最終回?になってるようですが、話数が足りてませんね。確かあと2話あったはずなんで、それはDVDやBDの特典?

まさか劇場版とかは絶対なさそうだしw

あれだけ中盤から引っ張ってきたエレナの正体が、ただの痛い子だったってのはちょっとないわ~って(爆)

ただの勘違いかよ!って思わず突っ込んでしまいましたよw
2a1efc22
久しぶりのエウレカがサラッと言ってしまいましたね(格爆)

要所での説明と言うか、ただ誰かに喋らせて説明させるってのがホント多いですよね。

話にして説明すれば、確かにわかり易いですが、魅せ方と言うか、製作側の力のなさって感じもします。

とりあえず展開がコロコロ変わりすぎて、しかも変わる速度が早すぎるって言うか、毎回見ていてもついていけないくらいですね。
Eb83260d 今回一番良かったのは、自宅でご飯食べてたナル(爆)

何普通に飯食ってんだよ!!ってw

お父さんと婆ちゃんの微妙な空気がまた良かったです(核爆)

ただのプチ家出少女だったわけですかw

なんか新興宗教の教祖みたいになってるし(爆)
C1632e28
角に対しての突っ込みもワロタw

耳は別にあるんで、やはり角なんでしょうね。

そもそも角生える必要があったのかすら疑問(爆)

ニルヴァーシュはどこにやったんだ、とw

まあ色々突っ込み所の多い回でしたが、果たしてどんな完結になるのか。まあ最後にトゥルース登場してたんで、戦って勝って終わりってパターンでしょうか。

明日で自分が見てた夏アニメは全て最終回なんで、このまま予想通りの展開で終わると、AOは3位以内にすら入らない感じが(爆)

面白い展開も結構あったんですが、総じて見るとちょっとなぁってのが正直な感想。エウレカが登場してなかったら酷い評価になっていたのでは?と。

まあとりあえず、最終回まで見てからにしましょうw