ロデオ、サミー系のドーナツビジョン筐体の白く曇る現象の考察

ロデオ、サミー、銀座等のドーナツビジョン機種ですが、経年劣化?による液晶に白く曇る部分が発生するという現象。

 

Img_20120122_180456_3

コレはうちの北斗将です。

リール球が本来のLEDでなく、ウェッジ球なので、若干色味が違いますが左リールのベル付近と、リール窓上部に白い曇りが見られます。

元々はそんな曇りはなかったのですが、しばらく押入れに放置していて、次に出したらこの状態に。

白く曇るのは、ドーナツビジョンの窓部分、リールが透過する部分にのみ発生するようです。

この曇りが液晶の劣化なのか、単に汚れなのかを調べたいと思います。

Img_20120122_180731

裏側から見るとよくわかります。

右真ん中辺りの曇り?は、あきらかに水分を噛んだような感じなので、押入れの湿度にやられた可能性が高いです。

問題は窓枠上部分の白い部分、等間隔で綺麗に白く跡がついています。

とりあえず、液晶を分解したいと思います。
お約束ですが、分解等は自己責任でお願いします。液晶は特に傷が付き易いので、取り扱いには十分注意して下さい。

Img_20120122_180944

ドーナツビジョン機種は多数ありますが、メーカーに関係なく、コネクタ、インバーター等の構造の違うタイプが数種類あります。

リールバックライトが蛍光灯のタイプや、LEDのもの、液晶に繋がるケーブルがフィルムタイプのもの等、互換性のない部品が使われていますが、基本的な分解手順は同じかと思います。

まずは液晶廻りに繋がっている配線を全て外します。
全て外れたら、上の画像の赤丸部分のネジを外します。上側に左右二箇所、液晶下側に左中右の三箇所あります。ネジを外した時に、黒いプラスティックの部品が一緒に取れる場合がありますので、無くさないように気をつけてください。

ネジを全て外すと、矢印部分の爪(液晶上側左右二箇所)に引っ掛けてあるだけの状態になるので、手前に引くと液晶ユニットを外す事が出来ます。

Img_20120122_181053

ユニットはこんな感じで分離できます。

ココまで外すと、実機側はアクリル板のみの状態になっているので、汚れ等は入念に落として置きます。傷が付き易いので、やわらかい布等で丁寧に拭いてください。

液晶側は更に分解します。ユニットの白いプラスティックの枠部分、左右に二箇所ずつネジがあるので全て外します。

ココまでの手順は、どのドーナツ筐体でも同じかと思いますが、インバーターや配線の違いがあるので、液晶に繋がっている部品がないか、確認して外して下さい。

Img_20120122_181355

この筐体(北斗将)のドーナツ液晶は、インバーターが、液晶左側に長めのタイプがついています。

スパイダーは上部に小さいタイプのインバーターが付いていました。

インバーターの配線を外します。

画像では既にカバーが外れています。カバーを外した後、画像で既に外れているカプラー(ピンクと青の配線の所)を上下全て外します。

ユニットから液晶のみを取り外す際は特に気を付けて下さい。

Img_20120122_181436

これで液晶のみになります。

ココまで分解すると、液晶裏側に付いている薄い透明プラスティックのカバーにアクセス出来ます。

ココが曇っている場合が多いと思いますので、清掃します。

両面テープで取り付けてあるだけなので、外して清掃した方が綺麗になると思います。外す際に折り曲げたりしないように注意して下さい。

自分は面倒なので取り外しました(爆)

この状態で一度元に戻してみます。

Img_20120122_183008

左リールベル付近の大きな汚れ?はなくなりましたが、リール窓部分の曇りは残ったままです。

やはり気になるので更に分解して見る事にします。

上の画像の状態で、液晶の外側に付いているネジを全て外すと更に分解できます。このタイプの液晶は、液晶裏側右下の部品のネジを外して置きます。

液晶は非常に傷が付き易いので、液晶表側(黒い方)は極力埃を飛ばす程度で、拭かない方が良いかと思います。目に見えないような細かい傷でも、通電してバックライトが光ると結構目立ちます。

Img_20120121_205208

分解するとこんな感じになります(画像はスパイダーの液晶)

右側はリール窓部分付近のみ拭くくらいが良いと思います。

左側のバックライト側は、液晶正面側に何枚ものフィルム状の物が重ねてあるのですが、上から数えて3枚目のフィルムのみ取り外して清掃します。

フィルムを外すのは、この状態でも出来ますが、黒のプラスティックの枠を外した方が安全に外せます。枠を外すのは、枠周辺のネジを全て外せば分解できますが、この枠を外すとバックライトに使われている蛍光管まで外れる状態になるので、扱いには気を付けて下さい。

3枚目以外のフィルムは、リール窓部分は穴があいているので拭く必要はありません。

液晶廻りの清掃は、眼鏡を拭く布のようなキメの細かい柔らかい布を使って、あまり力を入れずに拭いてください。ちょっとした小傷でも、電源が入るとかなり目立ちます。

全ての清掃が終わったら、逆の手順で組み付けて行きます。

Img_20120122_192249

雑に清掃したので(爆)少し小傷がついてしまいました(爆)

電源オフの時はまったくわからないのですが、バックライトが点灯すると傷が入っているのがわかります。

裏のカバーも外したので、クリア感は増しましたが、カバーに入っていた等間隔の点の入った模様?はなくなってしまいました。

拭き取りが雑だったので、まだ少し残ってますが、リール窓上部の白いライン状の曇りがほとんどなくなりました。

Img_20120122_192322

拡大画像。

綺麗になったのがわかりますでしょうか?

今回は検証だけだったので、結構雑にしたので小傷が入ってしまいましたが、慎重にすれば元通り綺麗になると思います。

ただ、液晶に傷のつくリスクが結構ありますので、分解や清掃に自信がない場合は、ユニットごとの交換をオススメします。

ユニット単品で手に入れるのはかなり難しいと思いますので、実機ごと部品取りするしかないか、と。

ただ最初にも説明しましたが、ドーナツ筐体は、外見は一見同じですが、中身が全然違う為、同型のユニットの付いた実機を探す必要があります。

ユニットがどのタイプか検証出来れば良いのですが、そこまでの財力はないので(爆)販社さんに問い合わせるのが一番かと思います。

一応ロデオ、サミー系のドーナツビジョン筐体の一覧を。

ロデオ

ガメラハイグレードビジョン・鬼武者3・俺の空・ドカベン・プレミアムダイナマイト・デビルメイクライ3・バーチャファイター(T・F)・ソニックライブ・天地を喰らう・新鬼武者

サミー

ポパイ・ウルトラマン倶楽部ST・出ましたハクション大魔王・スパイダーマン2・仮面ライダーDX(バイク編・ベルト編)ゴジラ(パチスロウォーズ・ST)・北斗の拳2(天覇・闘・将)・ハードボイルド・蒼天の拳・スパイダーマン3

銀座

ナイトライダー・宇宙刑事ギャバン