History of EUREKA Easeful Entertainment+ ~ブログ開始前

旧ブログ「家スロのココロ。」から現在に至るまでの家スロ実機導入と、それに伴って節操無く変化していく(爆)台枠の歴史をまとめてみました。

~ブログ開始前

No.1 平和「ゴルゴ13」(4号機)

G13

記念すべき初導入機。元々はゴルゴ13好きで、コミックやグッズを集めていたのですが、コレクターズアイテムとして購入したのがキッカケ。

ホールでもかなり打ち込んだ覚えがあります。当たりorハズレの悶絶演出「あの男に連絡だ!」は最高に痺れます。
REGからのGCの大連荘に夢のある台でした。

No.2 アリストクラート「巨人の星(一徹パネル)」(4号機)

Kh

ゴルゴ13ですっかり家スロの面白さに目覚めて、すぐさま購入した実機。
とにかく格安で、自分がホールで打ったことがあって、それなりに面白い機種を探していたら、偶然発見。

リプレイ4連続がこれほど熱い機種は、これ以上はないと思います。一徹パネルは何気にレアだったのでしょうか?

No.3 ロデオ「チャーリーズエンジェル」(4号機)

Cas

同じく格安の実機と言う事で購入。かなりの爆発力を秘めたAT「FTモード」を引っさげて鳴り物入りで登場した本機でしたが、突入条件やスペックの辛さの為、あっと言う間にホールから消えた不遇台w

映画「チャーリーズエンジェル フルスロットル」のタイアップとして、映画公開中にタイアップ機がホール導入されたのはコレが恐らく初めてだったと思います。

No.4 平和「主役は銭形(初期パネル)」(4号機)

Sz

まだホールに設置されていた現役機の家スロ導入はコレが始めて。
3G連時の歌付きBIGを初めて見た時に、これは絶対いつか買う、とココロに決めた一台w

アミューズ仕様の半ジャンクだった為、格安で購入できました。
ファイナルパネルはコレクターズアイテムとして欲しいところ。

No.5 大都技研「吉宗S(姫パネル)」(4号機)

Ys

銭形導入で益々現役機が欲しくなり、当時もっとも打ち込んでいた「吉宗」の音声基盤不良品を格安で購入。当時の相場の1/5くらいだったと思います。

同時に純正ラブリーパネルのシートも購入、ラブリー仕様に変更。
BIG中の純ハズレ、ホールで2回出した事ありますw
もう一度欲しい機種に間違いなく入る一台。

No.6 ユニバーサル「クランキーコンドル」(4号機)

Cc

近所のリサイクルショップで千円で購入。当時は新しめの台の方ばかり興味があり、そこまで拘っていなかったのと、あまり程度が良くなかった為、適当な扱いを受ける(爆)

後にもう一度欲しくなり、それなりに程度の良い実機を手に入れる事になるとは当時全く思ってもみませんでしたw

No.7 山佐「燃えよ功夫淑女」(4号機)

Mk

とにかく液晶のついた実機が欲しくて(爆)導入時はまだホール現役だったと思います。
秀逸なシステムと絶妙な前兆が見事なバランスだったと思います。

本当はピンクの「萌えパネル」が欲しかったのですが、当時でも玉数が少なかったんですよね。

これにプラスして「CR哭きの竜」(パチンコ)の導入がありました。

060804_231900

当時は離婚して出戻りで(爆)仕事だけして帰ったら寝るだけの毎日で、何も楽しい事もなく、新しい楽しみとして家スロに少しずつハマっていきました。

当時は布団を床に敷いていたので、壁際に普通に床置きしていたのですが、丁度会社でいらない粗大ゴミを片付けるのに、トラックに色々載せてあった中に、まだ十分使えそうな本棚を見つけ、無理言って降ろして貰い、自分で解体して持って帰って来たのがそもそもの間違い(核爆)
普通に本棚に使っても良かったのですが、何故か横向きに置いてしまったのは運命と言うものなのでしょうw

060806_2218

そのままでは少し高かったので、ホールに何度か足を運び、大体の高さや作りを覚えてホームセンターへ。

高さも丁度良くなって、椅子に座って遊べるようになり、買ってきた板を組み合わせて実機を囲ってみたらそれっぽく見えたモノだからさあ大変w

元々工作好きの自分にとって、コレほど創作意欲を沸いてきたのは初めてでした。

そうなると気になってくるのが、自分以外の家スロッターは、どうやって遊んでいるのだろう?と言う疑問に。

060910_1735

ネットを徘徊しているうちに、数々の大御所家スロッターのサイトを発見する。その中でも一際惹かれたのがarex slot room(現在verⅥ更新は停止中?)

そのHPの作りや、家スロの規模や楽しみ方に、「こんな事をしても良いんだ、こんな世界もあるんだ」と感銘を受け、自分もその世界に少しでも近づきたくなり、ブログを始める事に。

ちなみにブログをココログにした理由は、当時、ブログの女王と呼ばれた眞鍋かをり嬢がココログでブログをしていたという、ただそれだけです(爆)

                      2007~2008へ