History of EUREKA Easeful Entertainment+ 2008~2009

ブログのアクセスも上り調子で、家スロをする事も、家スロブログを書くこともまさに全盛期な2008~2009年、この年からしばらく「5号機専門」を名乗り、年度末くらいから「エヴァンゲリオン補完計画」と題した、総エヴァ入れ替え計画がスタートします。

では2008~2009年度の導入履歴を見て行きましょう。

No.22 ラスター「嗚呼、我ら日本松柔道部」(5号機)

Aj

ハッキリ言って、なかった事にしたい一台(爆)まあそれくらいな扱いしか受けなかった今までの導入台で一番どうでも良かった一台(超爆)

たまたま超格安だったので、入札してたら間違って落札してしまった訳で、見た目も演出も非常に残念な一台。リール制御はソコソコ楽しめます。

No.23 タイヨーエレック「マーベルヒーローズ(初期パネル)」(5号機)

Mhs

5号機で万枚、そんな夢を現実のモノとするART「SMC(スーパーマーベルチャンス)」を引っさげ、ホールにデビュー。当時ART1G純増1.2枚は破格のスペックでした。んが、そのハイスペックなARTの為か、通常時が非常に辛く、非常に手の出し難かった印象があります。
目押しミスで即パンクするARTも、ハードルを上げる要因でしたが、それを補って余りある一撃のある機種でした。

No.24 アルゼ「大花火」(4号機)

Oh

5号機専門を名乗っているのに、ついついリサイクルからお持ち帰りした一台。
往年の名機は、やはり色褪せる事無く楽します。

ちなみにリール音も非常に静かで、かなり家スロ向きの機種。花火シリーズ好きなら是非手に入れたい一台。

No.25 北電子「ジャグラーTM(グリーンパネル)」(4号機)

Jtm

上の大花火と一緒にお持ち帰りしたこのジャグラー、当時5号機ジャグラーはまだまだ手の届く価格ではなかったですが、基本的にぺカるのが楽しいのでついつい購入。
ペカる時に「ガコッ」と音がするのはあまり好きではないのですが(ケツが浮く為w)
家でなら音がした方が楽しいかもw

No.26 JPS「2027(鳴海パネル)」(5号機)

2027

当時ホールで一番打ち込んでいた機種。ホール現役の時に家スロに導入。
JACイ~ン!!と何度聞かされても、毎回髭から戦闘が始まっても楽しめた一台。

BGMも素晴らしく、家で遊ぶとホールとはまた違った雰囲気で楽しめます。

No.27 サミー「獣王(ゴールド)」(4号機)

Jo

リサイクルで不動のジャンクで転がっていた所を捕獲。巨人の星の部品を使って復活。
ホールで朝一サバから昼過ぎまでで8000枚出したのは良い思い出w後ろ髪引かれながら帰った覚えがありますw

後継機「猛獣王」よりこちらの方が好きですね。

No.28 山佐「メフィスト」(4号機)

Mt

コンチⅢのあったリサイクルにあった残り2台のうちの一台。
連れに委託販売(転売)と言う形で一旦預かったものの、そのまま自分の物になってしまったり(爆)

BGMや演出、どれをとってもカッコイイ!の一言。硬派な台の見本のような台です。

No.29 メーシー「クレイジーレーサー」(4号機)

Cr

メフィストと一緒に残っていた一台。

後にジャンクで手に入れたドンちゃん2の部品取りとなってしまう可愛そうな台w

この筐体はリール音も非常に静かで家スロ向きですね。液晶廻りが時代を感じさせますw

No.30 アルゼ「ドンちゃん2」(4号機)

D2

液晶が映らないジャンク品の為、格安で購入。クレイジーの液晶を移植するも使えず、原因は液晶のサブ基盤でした。それもクレイジーのサブ基盤にROMを全て載せ換えて復活。

ホールではあまり打った印象がないんですが、さすがの花火シリーズ。安定した面白さがあります。

No.31 ミズホ「青ドン(初期パネル)」(5号機)

Ao

下の赤ドンと共に、ブログの読者の方から戴いた実機。当時まだ現役機で、二台でいったいいくらしたのか、と(爆)最初のお話を戴いた時は、新手の詐欺かと疑った程w

家スロでもホールでも赤の方を打つ機械が多かったですが、まったり打つには青ドンの方が良いですよね。

No.32 ミズホ「赤ドン(初期パネル)」(5号機)

Aka

ドンシリーズ初のARTを搭載して登場した本機。当時はかなりのハイスペック機で初当たりがかなり思い印象でした。

ココ一番の中押しが楽しい機種で、家スロでも良く悶絶した覚えがあります。

リールは小さめですが、リール音は独特のギヤ音がします。

No.33 エレコ「花火百景」(4号機)

Hh

大花火、ドン2、青ドン、赤ドンと花火シリーズばかりになった所へ、残る花火シリーズのうちの一台をチェリーA君より譲っていただきました。

これにより台枠に入る5台全てがドンシリーズに。一時は花火専門になっていましたwホールでもそれなりに打ったんですが、なぜかこのリールは見難いんですよね(爆)

No.34 ビスティ「新世紀エヴァンゲリオン(アスカパネル)」(5号機)二台目

Eva

ドンシリーズから一転「エヴァンゲリオン補完計画」始動。第一弾として、CRAエヴァセカンド(パチンコ)が導入されてます。

台枠をエヴァ仕様に作り変え、当時エヴァスロは「約束の時」が現役バリバリで、とても手の届く値段ではなかったので、スロ2台、パチ3台の構成に変更。ココから半年程エヴァシリーズの導入が続きます。

以上13台+パチンコ2台の導入でした。

とにかくこの年は色々と目まぐるしく変化のあった年でした。ブログとしても全盛期だった気がします。

Vfsh0018_2

まずはイキナリ規模が小さくなったんですよね(爆)

これはこれで、コンパクトで気に入ってると言うか、やはりこの部屋には2台枠くらいが丁度良いのでしょう。

なんだかんだと、結局今も2台枠仕様ですからね。

この年の導入台は、本当にラインナップが豊富で、楽しい台ばかりだったと思います。

導入予定にしていた台を順に入れていった訳ですから、まあ当然と言えば当然なんですが。

Vfsh0001

初のオフ会に参加したのもこの年、あの時は結構緊張して(爆)あんまり溶け込めなかったのですが、さとっCさん、ミノリさん、しほぷーさん、綾さん、akskさん、皆さんお元気でしょうか。

オフ会参加でモチベーションが上がりっぱなしで、ついに過去最大級の台枠の作成に取り掛かる事に。

当初6台枠の予定が、実機のドアが全開できない事から(爆)5台枠に。

この余ったセンター部分が後々の元凶になるとはw

Vfsh0009_2

この頃に、ブログタイトルを「家スロのココロ2(セカンド)」に変更。

台枠の規模が大きくなるにつれて、ブログアクセスも大きくなると言う現象がw

当時の看板機種、青スパイダー。今でもそうですが、実機を完全な状態で保存したい気持ちの反面、改造したい気持ちも常にありますw

やはり人と同じのが嫌な性分なんでしょうね。

壁一面が全部台枠になるとは、ブログ開始当初はさすがに想像しませんでしたw

Vfsh0008

作ったばかりなので、今の状態と比べると非常にシンプルで綺麗(爆)

センターの棚も、普通に棚でシンプルこの上ないですね。てかこれが普通でしょ(爆)

ラインナップ的にも、かなり満足の行くラインナップですね。

当時はもっと5号機が欲しかったような気もしますが、4号機群は名機揃いですよね。

後に3:2の配置が2:3に変わる事になります。

Vfsh0066

某板にも投稿した事のある一枚。

まさに寝ても覚めても家スロの事ばかり考えていた頃ですね。

毎日ひたすら回していましたね~w

今でも2日に1回くらいは回してます。ただブログネタに使う程でもないと言うか、短時間回して1回当たれば止めってパターンが多いですね。

工作も何かアイディアが思いついて、材料があれば連続で工作するのですが、現在はどちらもないので中断中です。やりたい事はほぼ全て終わった気がしないでもないですがw

Vfsh0025

オールドンシリーズw

これは自分でも圧巻でした(爆)

もの凄くドンちゃん好きの人にしか見えませんねw

ただドンシリーズは、赤ドンを除いて、ほぼ同じ仕様なのでブログネタや家スロに限りが出てきました。

ただシリーズで統一するのは面白そうだったので、ドンシリーズより家スロをしない人にも受けそうな「エヴァシリーズ」に切り替える事に。

「エヴァンゲリオン補完計画」のスタートになります。

Vfsh0078_2

せっかく作った台枠を、パチンコ3台を収める為に大改造(爆)

この頃に使っていた材料を組み替えながら、現在の仕様になっているので、この辺りから木材はほとんど購入していませんね。

必要に応じて少し買い足す程度で、後は残った材料を組み合わせてありあわせで対応しています。

現在はそれなりに綺麗にはなりましたが、やはり経年劣化で節々に老朽化が見られます。

どうせならまた何も無い状態から全て最初から組み立てて見たいものです。

そしてエヴァ補完計画の続く2009~2010へ続く事になります。

                      2009~2010へ