エウレカ筐体の台枠ランプの交換手順(改訂版)

恐らくSammyでは2008年登場の「格闘美神武龍」からの筐体。

エウレカ、ツイン2、がんばれ!ロボコン(液晶ではなく巨大7セグ)は全く同じ筐体のようですが、うる星2、あしたのジョー、ポパイブリッドは見た目は同じですが、内部の仕様が少し違う模様。

同じくロデオやタイヨーエレックの筐体も若干の違いがあるようです。
まあ一部基盤やコネクタの形状が違うくらいだと思うのですが、どこが違うのか詳しく知りたいですねw

ついでなので、エウレカと同型筐体一覧
Itiran_2

自分で調べただけなので(爆)完璧ではないと思います。あくまで参考程度にw
信長の野望オンラインも同型筐体だった事に今更気が付きました(爆)

*表を作った後で、マイナー過ぎてロデオの「炎の熱血教師~清原、健介、北斗編~」IGT「夢幻の如く」を忘れている事に気が付きました(核爆)ちなみに炎の~は水色の分類、夢幻~は黄色の分類に入ります。

さて、今回はそんな内部仕様はよくわからないので(爆)外側の部品は全く同じ物なので、人とはちょっと違う事がしたい人や、お気に入りの台をイメチェンしたい人に台枠ランプの交換手順を実践してみました。

お約束ですが、改造や分解は自己責任でお願いします。

Dsc_0569 この筐体はSammy、銀座は同じ外見、ロデオ(カイジ2等)は液晶廻りの部分の形が若干違いますが、恐らくポン付け出来ると思います。

自分もこの筐体をバラすのは、今回が初めてなので(爆)念の為、隣のスクール・ウォーズの方で実践します(爆)

エウレカのみ、コンパクドライヴの部分と、メイン基板の上に、サブ基板が乗っていますが、特に交換手順に違いはありません。
見比べて確認しましたが、ネジの位置も全く同じでした。

この状態でも出来なくもないですが、結局ドアを外した方が早いので、今回はドアパネルを外しました。自分の様に台が床より高い場所に置いてある場合は、一度実機を降ろしてから作業をオススメします。
Dsc_0570
ドアパネルを外すには、画像(クリックで拡大)の赤丸の部分のネジ八箇所を外します。外す時は下から外して、ドアパネルを手で支えた状態で、上側のネジを外すと、いきなりドアが外れても慌てずに済みますw

ちなみにこの実機は、一度基板等を全部外したので、基板ケースが所々割れてる&ボリュームも面倒なので適当に一個だけと言う投げやり仕様です(核爆)

あ、ドアを外す前に、ドアパネルと本体を繋いでいるケーブルを外しておきます。メイン基板からが一つと、液晶裏サブ基板に繋がっているケーブル×2+1(片方が二股に別れている)本ですね。
Dsc_0571 まずは一番簡単な、リール横部分から。

画像赤丸部分のネジを一箇所外せばOKです。

ネジは一箇所で、後は爪で止まっているだけなので、上側を持って、手前に倒す感じで外せば簡単に外れます。

エウレカはドアを開けて左側にコンパクドライヴが付いているので少し画像と違いますが、場所は全く同じです。
Dsc_0572
こんな感じで外れます。

同系統の色なら問題ないかも知れませんが、赤系→青系等に交換する場合は、LED部分も一緒に交換しましょう。

LEDの色味が違うので、毒々しい色に変わります(爆)

そういえば、以前スパイダーマンを鬼武者の枠ランプ使って青仕様にしたなぁ、と。ランプカバーだけ変えたら、変な紫色に光って毒々しかったので、結局LED基板も後から買ったというオチw
Dsc_0574 次は下パネル横です。

こちらも外すネジは一箇所。画像の赤丸部分(下側)です。

ネジを外しただけでは外れないので、画像上部の赤丸部分の爪部分をマイナスドライバー等で押し下げてやります。

爪を押し下げると簡単に取れると思います。

少し奥まっているのでドライバー等を入れる時は、周りに傷がつかないように注意して下さい。
Dsc_0575 エウレカ以外の筐体なら、ドアパネルごと交換した方が早いかも知れませんが、その場合は、サブ基板を交換する必要があり、液晶とサブ基板を繋いでいる薄いケーブルを外す必要があるのであまりオススメしません。

さて、ここまでは簡単なのですが、問題は一番上。

裏側からジックリ見てみましたが、簡単には外れてくれそうにありません。

結果から言うと、液晶廻りの上部ユニットを外す必要があります。
Dsc_0576 まずはドアパネルの外周のレールの様な部品を全て外します。

画像の赤線で囲った部分についている部品です(画像は既に取り外し済み)

レール部分についているネジを全て外します。頑張ればレールを全て外さなくてもズラしたりすれば外せますが、戻す時面倒なので、全て外します。

必然的にドアパネルが本体より外れるので、やはり最初からドアパネルを外しておいた方が良いですね(爆)

レール部分は一番上、そして左右と外すのが外し易いです。全てレールが外れたら、中段パネル裏部分も外します。ココは全部外しても良いですが、今回は上四箇所のネジを外し、下三箇所はネジを緩めてズラすだけにしました。

中段パネルを全部外してしまうと、そこにくっついているケーブル類を全て外す必要が出てくるからです。まあくっつけたままでも良いですが(爆)一応念の為ですねw
Dsc_0577_2

中段パネル部分ののネジを外したら、画像の白い部分を手前に引き出します。

下のネジはなるべく緩めておかないと、割れる原因になります。

少しずらすだけでOKなので、あんまり力を入れすぎないように(爆)

手前に引き出すと、画像赤丸部分のネジが中央に一箇所だけあります。コレを外すと、画像中央のレールのような部品が外れます。

コレも外さなくても力技でなんとかなりそうですが、安全に液晶部分を分離する為に外します。

Dsc_0580 ドア外周のレールを外す時に、ついでに上部液晶廻りを固定しているネジも外しておきます。

要は外周のネジ全部外せばOKです(爆)

上部ユニットは、ネジ3本で固定されています。ユニットの下側は爪のみで固定されています。

中段パネル部分のレール部分を外したら、いよいよ液晶ユニットの取り外しです。いきなり外れる可能性もありますし、液晶廻りなので取り扱いは慎重にして下さい。

上の画像の赤丸部分の爪を左右二箇所押し下げて外します。爪を外すとユニットの上部が少し隙間が出来ると思います。ネジが全て外れていれば、必ず外せる状態なので、動かない場合は少し力技で頑張ってみましょう(爆)

Dsc_0578 上部分に隙間が出来たら、今度は下部分を外しにかかります。

下部分は爪だけですが、結構硬めに固定されているので、マイナスドライバー等を使います。

画像赤丸部分辺りの左、中、右の三箇所に爪があります。この爪は引っかかっているのではなく、穴の中に入っていて、上部ユニットを動かないように固定しているので、爪付近(真ん中より左右からした方が良い)にドライバーを差し込んで、ユニットを上に持ち上げる感じでテコの原理のようにこじってやるとOKです。ユニットは結構重いので、外れる時はいきなりボロっと落ちてくるので注意して下さい。

Dsc_0581 こんな感じで分離出来ます。

あ、上部ユニットを外す前に、サブ基板に繋がっているケーブル類は外しておいて下さい。

ココまでくれば、後少しですが意外とココからが一番苦労しました(爆)

ドコを外すかわかっていれば早いのですが、何せ初めての機種は勝手がわからず。。。

しかしココまでしたなら、後少しなので頑張ってみましょう。

上部ユニットだけになればコンパクトなので作業がしやすいですね。

Dsc_0583 上部ユニットを裏返して、ランプが固定されている部分を探します。

固定されているは、中央付近の上部二箇所、ネジ4本です。

正確にはランプは外側のネジで固定されているのですが、4本共外します。

画像は外した後。そのままでは少し外しにくいので、LED基板は外しておいた方が良いと思います。基板もネジ一箇所、基板を外してカプラーも外しておきます。

ネジが4本共外れたら、画像の上下の赤丸部分の爪を押し込みます。小さな爪なので力加減に注意して下さい。

この爪は、枠ランプの中央の透明な部分と色付きの部分の境目のメッキ部品のです。これを先に外さないと枠ランプは外せません。

Dsc_0582 これで全てのランプカバーが外れました。

所要時間は30分程、次はわかっているので10分くらいで終わると思います。

外したネジは30~40本くらいです。

ココで少し感心したのが、外したネジが全て同じ径で同じ長さだった事。

全部同じネジなので、ネジを仕分けたり、場所を覚えなくても簡単に元に戻せます。この辺にもSammyの拘りを感じます。以前エヴァ約束の上部ユニットをバラした時は、ネジの径も長さも色々で、戻すのに結構苦労しましたからね(爆)

Dsc_0584_2 ちょっとした補足ですがドアパネル外周のレール部分を外す時に、左側のレール(ドア竿部分)の一番下が何かで引っかかっています。

コレは証紙の部分のカバーなので、ゆっくり引き出しましょう。無理に引っ張ると、折れ目がついたり、傷が付く可能性があります。

最初は何の部品かわからなくて、恐る恐る引っ張り出しましたw

この筐体は、下皿部分に証紙類があるので、下パネルがシンプルですね。

Dsc_0586 引っ張り出すとこんなのが出てきます。

元に戻す時も、ゆっくり入れて下さい。

基板や液晶部分には触れないので、手順さえわかれば誰でも出来ると思います。

もう少し上手に解説出来ると良いのですが(爆)

元に戻すのが結構面倒です(核爆)

*2011.4.28追記

枠ランプのプラスティックのカバーのみを交換の場合は、シリンダーやドア竿を外す必要はありません。

Img_20110429_004352 液晶ユニットを取り外す手順に無駄が多かったので、改訂します。

結論から言うと、ドアパネル周りのレール部分や、中段パネル付近の部品を外す必要はありません。

画像の赤丸のネジ3箇所を外した後、緑丸部分にある爪(左右それぞれ1箇所)を押し下げてやると上側からユニットが外れます。

注意点としては、液晶ユニットに繋がっている配線は全て外しておく事。

エウレカ筐体は、液晶裏の基板に大抵ボリュームがついていると思います。配線を辿って、カプラーが外せるなら外す。無理な場合は、一度ボリュームを外しましょう。

Img_20110429_004528 液晶ユニットは、結構重たいので外す時は注意して下さい。爪を外した瞬間に、重みで前に倒れて落ちる可能性もあるので、出来ればドアパネルを外すか、床に実機を置いた状態で作業してください。

中のLED基盤のカプラーは、結構固く繋がっている場合が多いのと、LED基板自体が薄くて壊れ易いので、細心の注意で作業してください。

戻す時は逆の手順で、液晶ユニットの下側の爪部分を、中段パネル側にひっかけてから上部分の爪を押し込んでください。